JAPAN BRAZILIAN JIU-JITSU FEDERATION
一般社団法人日本ブラジリアン柔術連盟

帯制度

第一章 帯の種類と対象年齢

以下に帯の種類と各帯の対象年齢を示す。

  1. 白帯 すべての年齢
  2. 灰帯 4歳~15歳
  3. 黄帯 7歳~15歳
  4. 橙帯 10歳~15歳
  5. 緑帯 13歳~15歳
  6. 青帯 16歳~
  7. 紫帯 16歳~
  8. 茶帯 18歳~
  9. 黒帯 19歳~
  10. 赤黒帯 50歳~
  11. 赤白帯 57歳~
  12. 赤帯 67歳~
  0~3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21~
白帯  
灰帯                
黄帯                      
橙帯                            
緑帯                                  
青帯                            
紫帯                            
茶帯                                
黒帯                                  

対象となる年齢は、当年末までに迎える年齢を現在の年齢として考える。

参考:
15歳以下の帯は、16歳以降は以下の規則に従って新しい帯色へと変更される。

  • 灰帯、黄帯、橙帯は、青帯へと昇格する。
  • 緑帯は、指導者の裁量で、青帯または紫帯へと昇格する。

第二章 各帯の修了期間

各帯には、次の帯に昇格する為の最短修了期間が定められている。以下の通りである。

青帯から紫帯 – 2年
紫帯から茶帯 – 1年6ヶ月
茶帯から黒帯 – 1年

これらの修了期間は、該当する帯での会員登録がされた日より起算される。帯の昇格に関しては、上記の修了期間を満了すれば、指導者の裁量で決定出来る。

第三章 段位(ストライプ)

  1. 白~茶帯のストライプ
    白、灰、黄、橙、緑、青、紫、茶の各帯は、ストライプ0本~4本までの5つのレベルに分別される。各帯の選手に対する段位/ストライプの認定は、団体指導者の裁量で決定できる。
  2. 黒帯、赤黒帯、赤白帯、赤帯の段位(ストライプ)
    黒帯はストライプ0本~6本の7つのレベルに分別される。以降、赤黒帯七段、赤白帯八段、赤帯九段へと昇段する。段位は以下の条件に基づき連盟によってのみ認定される。
各段位の修了期間
  • 黒帯の会員登録、および証明書の申請が行えるのは、19歳以上からである。
  • 一段の申請は、黒帯の取得後3年を経過した後に可能となる。
  • 二段、三段の申請は、その前の段位を取得してから3年を経過した後に可能となる。
  • 四段、五段、六段の申請は、その前の段位を取得してから5年を経過した後に可能となる。
  • 七段の赤黒帯は、六段取得後、7年を経過した後に申請することが出来る。
  • 八段の赤白帯は、七段取得後、7年を経過した後に申請することが出来る。
  • 九段の赤帯は、八段取得後、10年を経過した後に申請することが出来る。
  • 十段の赤帯は、ブラジリアン柔術の先駆者5名のグレイシー兄弟であるカーロス、オズワルド、ジョージ、ガスタオン、エリオだけに授与された帯である。
  • IDカード、及び団体登録がされていない期間は、次の段位に上がる為の必要年数に数えない。
必要要件
  • 直近の対象期間中、常にJBJJFカードおよびIBJJFカードを更新していること。
  • 救命講習を受講していること。
  • 過去12ヶ月以内にIBJJFルール講習会を受講していること。
  • 黒帯2段以上の段位証明書を持つ指導者のみが、自身の加盟団体(またはアソシエーション内)所属選手のみに段位申請書にサインをすることが出来る。

第四章 帯の認定方法

白、灰、黄、橙、青、紫、茶帯に関しては、加盟団体に登録された黒帯以上の指導者または準指導者の承認により認定することが出来る。(第五章に示す例外を除く)
黒帯に関しては、黒帯二段以上の指導者または準指導者の承認により認定することが出来る。

第五章 指導者と監督者

いくつかの国々においては、茶帯以下の指導者に対しても、生徒へ帯を認定する権利をIBJJFは認めている。こういった立場の指導者達は、公式には監督者として見なされる。
これらの茶帯または紫帯の指導者(監督者)は生徒に帯を認定することが出来、茶帯の指導者の場合は紫帯までの認定を、紫帯の指導者の場合は青帯までの認定を行うことが出来る。
この特別規定は黒帯の指導者がいない国における一時的な対応であり、競技の普及と発展の為に適用されているが、各国に十分な人数の黒帯の指導者が揃い次第、解消される。

(JBJJFによる特別規定)

JBJJFでは、IBJJF帯制度の第五章に基づき、茶帯の指導者が、生徒に紫帯までの帯を認定する権利を認めます。

▲先頭に戻る