JAPAN BRAZILIAN JIU-JITSU FEDERATION
一般社団法人日本ブラジリアン柔術連盟

審判員制度

1.審判員の種類

審判員の名称及び資格は以下の通りであり、JBJJF審判部がこれを認定する。審判員は、以下の審判員規定を含むJBJJFの全ての規定をを遵守しなければならない。

  1. ライセンス審判員
  2. 仮審判員

2.ルール講習会

審判部主催の講習会は毎年全国的に実施される。審判員ライセンスを取得する前段階においては、この講習を受講する必要がある。

仮審判員
ルール講習会を受講した者、または過去審判経験がある者は、仮審判員として認められ実技審査も兼ねて、JBJJF主催大会において審判することが許される。修了証は当年度発行の物のみ有効。条件は以下の通りとなる。
  • 紫帯以上のJBJJF会員
  • 20歳以上65歳未満の男性・女性

3.審判員実技審査

審判員の実技審査は、JBJJF公式大会にて実施される。審査員は審判部長により任命され、受講者の審判を審査し合否を下す。


4.ライセンスの交付・更新

ライセンスの有効期限は2年とし、以下の規定に基づい交付または更新を行うものとする。

  1. 審判員の実技審査に合格した者は、3ヶ月以内にライセンスの交付を申請すること。
    (ライセンス交付料: 3000円 / 2年間有効)
  2. ライセンスを更新する為には、12ヶ月以内のルール講習会を受講し、修了証のコピーを添付して交付申請書を事務局へ送付すること。新しいライセンスが交付される。
    (ライセンス更新料: 無料 / 2年間有効)

5.申請料金

申請料金
初登録 3000円
更新 無料
再発行 2000円
有効期限
登録日より2年間有効
登録時期
随時可能(土日・祝祭日を除く、約5日間のお時間を頂いています)

書類の不備等により登録が保留中の方は、登録完了・保留者一覧に不備内容と解決方法が掲載されています。メール、またはオンラインフォームを利用して、書類の追加・再提出を行って下さい。


6.申請方法

Eメールによる申し込み
以下の項目を全てご記入の上、staff_referee@jbjjf.comへメール送信してください。
登録内容に問題がなければ、事務局で申請書類を登録・ライセンス発行を行います。

※内容不備の場合はメールでご連絡しますので、必ず@jbjjf.comをドメイン受信設定をしてください。
特にyahoo、hotmailなどのフリーメールアドレス、
Docomo au softbankなどの携帯メールアドレスをご利用の方はご注意ください。

  • □ 初登録(First registration) □ 更新(Renewal) □ 再発行(Reissue)
  • 性別/Sex: 男 Male / 女 Female
  • 名前(漢字)︓
    名前/ Name(ローマ字)︓
  • 住所/Address︓〒
  • E MAIL(携帯メール不可):
  • 生年月日/DOB(m/d/y):
  • 携帯電話/Cell Phone:
  • 審判員 ID / Referee ID ※更新の方:
  • 団体名/Academy:
    団体番号/Academy #︓
  • 合格した審査会(初登録の方のみ)
    大会名︓
    日付(m/d/y︓)
  • 過去 2 年間に審判員として参加した公式大会名(更新用) / Referee Resume for past 2 years
    ※JBJJF 主催大会(公式戦)のみをお書き下さい。
  • Payment(支払い方法)
    Bank transfer(銀行振込) or credit card(クレジットカード決済)
    ※Postpay after selecting payment method(支払い方法選択後に後払い)

  • Eメール送付先:staff_referee@jbjjf.com
    件名:審判員登録申請

  • 添付ファイル
    顔写真(4x3cm・近影・背景なし)
    身分証明書のコピー(現住所が確認できるもの)
    ルール講習会の修了証のコピー ※更新の方のみ
申請に必要な物
  1. 顔写真(4x3cm・近影・背景なし)
  2. 身分証明書のコピー(現住所が確認できるもの)
  3. ルール講習会の修了証のコピー ※更新の方のみ

7.ラインセンスの失効・再交付

ライセンス失効者は、1年内に行われた審判員講習会を受講することにより、再交付を受けることが出来る。ただし過去2年間審判員としての活動実績がなかった場合、実技テストへの参加を要する場合がある。

8.ライセンスの処分・停止・失効

審判員は明確な誤審が監査官に認められたときは、処分の対象とる。処分に関しては、競技者規定第2章第6条の規定を準用するものとする。また以下の項目に該当した者は、審判員の資格が停止、または失効させられる。

  1. ライセンスを更新しなかったとき
  2. 大会への審判の要請を不当に拒否し続けたとき
  3. 審判員として相応しくないと言動のあったとき
  4. その他審判員として不適格と認めたとき

9.審判員の服装

審判員の服装等の規定は以下の通りとする。審判を行う際はライセンスに応じたJBJJF審判員エンブレムを身につける。審判員エンブレムは大会当日連盟より貸与される。

  • 白色のワイシャツ(半袖または長袖)。下着を着用する場合は白色の無地。
  • 黒色のスラックス、ベルト、靴下。
  • 腕時計、審判員エンブレム。
 審判員

10.審判の実施

大会においては、JBJJFが選考した審判員が審判を行う。その際、JBJJF審判部が適当と認めた者は、審判員資格を有しなくても、その大会に限り「仮審判員」として審判を行うことが出来る。

▲先頭に戻る